[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. ディズニーランドはなぜカップルを別れさせるのか|モテ塾
哲学

ディズニーランドはなぜカップルを別れさせるのか

ディズニーランドの都市伝説はまだ残っているのでしょうか。

その内容というのも『カップルでディズニーランドに行くと別れてしまう

というものです。

 

当時学生だった私は、ディズニーランドが特に行きたいと思ってもいなかったくせに、

“絶対彼氏とディズニーランドに行くのやめよ…!”なんて心の中で誓ってました。

今考えるとその時の彼氏が誰かすら思い出せないですが、この記憶だけは鮮明に覚えています。

そしてその当時は実際に彼氏とディズニーランドに行った友達が数日後に別れたりしていたことも覚えています。

 

これもまた当時は何も物事に対して追及したりしていなかったので完全に“ディズニーの呪い”的な類(たぐい)として友人を憐れみ、ディズニーあんなにキラキラしている素敵なテーマパークと思いきや、実は何か私たちには見えないとんでもない恐ろしいパワーを持っているに違いないと信じてしまっていました。

 

そして時は過ぎ、そんなことも忘れていましたが今、年齢を重ね、あのディズニーの呪い説は女子会には全く出てこなくなってきました。

しかし今となってあれはただの当たり前に事実であることが分かります。

 

普段のカップルは同棲でもしていない限り(さらに学生だったのでほとんど同棲はあり得ませんが)普段のデートは学校や仕事帰りか休日。

普段二人が過ごす楽しい時間は平均数時間程度。

 

そして仲良くなってから行く事が多いディズニーランドが付き合って数か月後くらいにデートプランとして上がってきます。

 

今回行く理由はどっちかの記念日か、誕生日か、バレンタインかクリスマスか。

そんな理由で行くなら期待値もお互いあがりますし行く前からワクワクが止まりません。

そして電車で行くのか、車で行くのか、泊りなのか当日向かうのか(住んでいる場所にもよりますが)、チケットと交通費はどうしようか。

なんて当日を迎える前から二人の計画は普段のデートよりも時間を割きます。

さらにこれは特別なデートとして成功させたい、楽しくしたいという気持ちを高めていきます。

そして当日。

デートとして最高に自分が良く見えているであろう洋服に身を包み(女性はさらに化粧や前日のパックなんかも頑張っちゃったりして。)集合します。

 

行くまでも盛り上がり、(ここの時点でなぜか喧嘩になる人たちもいますが)

到着してかどうするか、何に乗るか、何は絶対食べようか、楽しいですね。

 

しかし、なんだか到着するまでも結構体力奪われて、並んでるときなんてちょっともう何話そうかわからなくなっちゃった時間帯も出来たり。

思っていたより…あれ?全部が全部楽しい感じじゃないぞ。と。

 

そしていつもよりも長い時間を共有し続けているうちに楽しいだけの時間だけではない表情(疲れた、つまらない、熱い寒い)をお互い感じ取ってしまったり、普段は見えなかったお互いの事(並ぶの苦手なんだ、もう歩くのしんどいんだ、てかこんな顔してたっけ?)とか色々が良くも悪くもディズニーランドから教えてきます。

 

つまり、お互いメッキがはがれてしまうんですね。

 

ただのこの事実がディズニーランドの呪いの事実だったわけです。

呪いでもなんでもなく、未熟で普段良く見せようとして見栄を張っていた自分たちが原因という事です。

 

これを防ぐためにはどうしていくべきでしょうか。

教養を学ぶことと普段から虚勢・見栄を張りすぎない事です。

 

そしてお互いの嫌だなと思うところが見えてきたら、お互いの関係性が深まってきた証拠です。(メッキはがれちゃってるんで。)

すぐに拒否反応をみせるのではなく、“やったぜ、メッキがはがれたぞ!素を見せてきたなっ。喜び!”と思いましょう。

(※暴力、第三者への高圧的な態度、不機嫌になり続ける。等メッキ以前の話もありますのでお気をつけて。)

 

そんな気持ちで楽しむディズニーランドは最高な思い出の場所になるはずです。

良い所も悪い所も見せてくれる時間を大切に感じながら、デートを重ねてお互いの関係を深めていきたいですね。