[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. 【モテない】批判のリスクを知ろう。|モテ塾
テクニック

【モテない】批判のリスクを知ろう。

たいてい全ての物事には批判が出来るようになっています。

 

ほんとなんでもです。

表裏一体、その人その人から見る視点や立場の違いによって、

絶対に良いと思っているものも違う人からすると批判ができたりしてしまいます。

 

その内容にはいちゃもんもあれば、正当なリスクとして成り立つものまでピンキリです。

 

今は360度、様々な人たちに気を遣いましょう、

みたいな風潮を悪用して様々な物事に対して批判をし相手を困らせたり、

マウントを取ったり、承認欲求の一つとして自分の心を満たそうとしてくる人も

少なくありません。

 

また、基本的に人は新しいものや知らない事(人)に対して

否定的になり易いという事です。

(もちろん自分も含めて!)

これはきっと人間の本能的なものがあるのでしょう。

未知なるものや自分が知らない分野に対して恐怖にも似た感覚を覚え、

恐らくそれに対しての拒否感がその否定になってきます。

 

まわりに何かしら否定的(=批判的)に会話を進めてくる人はいませんか?

見当たらない場合、もしかしたら様々な事柄に対してついつい否定的な一声目を

発してしまう自分がいたりはしないでしょうか。

 

この批判をしやすい人は仕事や家庭、恋愛、友人関係等様々な場所で

知らずにそういった言動をし続けます。そしてそれは批判ではなく、

意見と思ってしています。

つまり、自分が批判をしているのではなく、

有意義な意見を相手にしていると思ってしまうわけです。

 

そうすると、何が起こるのか。

 

様々な人からの有意義な会話等は減るのはもちろん、

なんと自分の首を絞めまくる状況になっていきます。

 

 

一番怖いのは

一つ何かを批判することで、

その一つは二度と手札として使用出来ません。

 

彼女は黒髪じゃないと無理、なんて言ったら次に好きなった子が

茶髪の時点で周りからバッシングですし、ルンバなんて掃除をサボってる!

なんて言ったら、その人はずっと掃除機かクイックルワイパーのみの生活に

制限をされてしまいます。

 

これってです。

 

人は今まで自分が生きてこられた人生を肯定しがちです。

生きてこられたので、正解とされるからです。

もちろん例外なくあなたも。私も。

 

大切なのは、どちらの人生や考え方、二人とも知らない事も、正しい可能性がある。

人生の様々な出来事や新しい事は、

テストの回答と違って意見が異なってもどっちも正解という事があり得るのです。

 

また知らない事や未知なる事に関しても同じで、

それは実は今後人生上とてつもなく必要な事になってくる可能性がある。

怖いけど、

拒否せずに一旦覗いてみようくらいのスタイルでいるようにして行きたいですね。

 

これは仕事や友人関係ももちろんのこと、

恋愛において相手とのコミュニケーションや

一緒に進んでいく未来に対してどう言った姿勢でいれるのかというところにも

大きく関わってきます。

(しかもベースで男女の脳の構造が違うときた。

まぁお互いが意見が食い違いやすいし否定し合いやすいやっかいな生物です。)

 

批判は何でもできる。という事は誰でもできる。

でも批判のリスクを考えると、

批判はしないで、お互いの意見や発案を認めていけるような心持の方が完全にお得ですね。

 

明日何かに批判しそうな言葉がのどまで出てきたら、

飲み込んで最後まで話を聞き、いったんお家に持ち帰ってみましょう。

そうするとその時聞いた意見と、

家で考えついた意見がいい意味で変わってくるかもしれませんよ。